narut0n’s blog

研究職者で, 二児の父. 子どもたちと過ごした日々をメインに, ドラムやバイクのこと, 研究に関することを書いていきます. 子育てをもっとinterestingに!

MENU

宮崎へ行ってきました ホテル編

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑ランキングに挑戦中です!閲覧時にワンクリックしていただけると励みになります.

 

みなさまどうも, なるとんです.

ブログの更新が遅くなってしまいました...

 

インスタグラムにはアップしていたのですが, 宮崎旅行へ行っていました.

インスタグラムもフォローしていただけると嬉しいです.

www.instagram.com

 

2年ぶりにシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートへ泊りました!

ちなみに二年前の記事は⇩です.

www.narut0n.com

 

昨年は家族と離れており, リゾート地に行く余裕がありませんでしたが, 今年は家族で宮崎に行くことができました.

 

我が家は, シェラトンホテルが好きで, 東京(主にネズミさんのいる遊園地)に遊びに行くときもシェラトンを予約します. 

 

特に妻がシェラトンを気に入っているのですが, その理由はなんと...

シェラトンのクロワッサンが好きだから! 

だそうです. 確かにおいしいので, 私たちや子どもたちも大好きです.

ただ, 今回の宮崎では, クロワッサンが切った状態で出てきました.

妻がとても悲しんでいました...

 

クロワッサンのことはさておいて, 今回は前回と違い, ゆっくりとホテルを堪能することを主目的にしてみましたので, そのことについて書いていきたいと思います.

 

はじめに

私だけに限ったことではないのですが, 日本人は働きすぎと言われています. その象徴となる言葉が, 「過労死」ではないかと思います. メンタルヘルスの研究に取り組んでいる私の恩師が, 海外の学会で過労死について発表をすると, 他国の参加者から「日本にはまだ奴隷制度が残っているのか?」と質問をされたそうです.

 

働くことは, 確かに大事ですし, 適度な労働や職位は自信の向上にもつながりますが, 「生きるために働くわけであって, 働くために生きているわけではない」と思います.もちろん, 働くことが好きな場合もあるとは思います. しかし, いずれにしても, 休養は大切です. そのため, 私も休めるときには, 休むことにしました.そこで, 休みを楽しむ場所として選んだのが大分県から程よい距離にある宮崎県でした(選んでくれたのは妻です).

 

前回は, フェニックス自然動物園や, その中にあるプールなどホテルの外で遊ぶことが多かったため, 今回はあえてホテルの中だけで過ごしてみました. 一体ホテルの中だけでどのくらい楽しめるのか, 休日をゆっくり過ごしたいけど, 子どもにも楽しんでもらいたいという親御さんは気になるのではないですか?今回のブログでは, そのことについてお伝えしていければと思います.

 

ホテルの中での過ごし方

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(写真1)のチェックイン時間は14時でした. 大分から目的地までは有料道路を利用して約3時間半であるため, 昼食を宮崎で取ることも考慮し, 午前9時頃に自宅を出発しました. 

f:id:narut0n:20190812142922j:plain

写真1. シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

 

途中, 小腹がすいたのと休憩のために, 道の駅「川南」に立ち寄り, ヨーグルトソフトと日南鳥のから揚げを頂きました(写真撮り忘れました). おいしかったのと, ちょうどいい位置にあるので, ぜひ立ち寄ってみてください.

 

宮崎に入ったのは, 12時頃でした. せっかく宮崎に来たのだから昼食は名物のチキン南蛮がいいと思い, 地元で有名な「味匠あじしょう)」さん(写真2)へ. 店員さんはとても愛想がよく, 子どもたちが少し騒いでも「かわいいね~」とニコニコとしてくださっていました.  チキン南蛮定食(写真3)はむねかももかが選べるのですが, 今回はもも肉にしました. 料理が出てくるまでの時間もちょうどよく, ボリュームもすごかったです. メインのチキン南蛮に, ごはんとうどんがついてきました. 定食を二つ頼んで子どもたちとシェアするくらいでちょうどよかったです.

f:id:narut0n:20190812142744j:plain

写真2. 味匠

f:id:narut0n:20190812142756j:plain

写真3. チキン南蛮定食


昼食を食べ終わってホテルに向かったのですが, 味匠さんからシェラトンまでが近く, チェックインの1時間前到着してしまいました. フロントに声をかけてみると, 掃除が終わっていないため, 部屋への案内はできないが, 荷物は預かってもらえるということと, ホテル内の施設(プールや温泉)は使用できることを教えてもらいました. 

 

ホテル内の施設については, Webサイトをご参照ください.

seagaia.co.jp

 

荷物をフロントに預け, さっそくプールへ(写真4)!

子どもたちは他のお客さんの子どもたちと仲良くなって楽しそうに遊んでいました.

キャンプの時にも書きましたが, こういう時の子どもの社交性はすごいですね!

気づけばプールで2時間近く遊んでいました.

f:id:narut0n:20190812142826j:plain

写真4. ホテル内のプール


このホテルのすごいところは, プールから温泉へ直接行くことができることです.

プールサイドでシャワーを浴びた後, 体を拭いてしまえばそのまま温泉に行くことができます(裸足はだめなので, サンダルを履いていきましょう). しかもバスタオルやフェイスタオルも貸してくれました(ちなみにプールでも貸してくれます).

 

大浴場には「新月」と「月読」の二種類があり, それぞれ内湯, 露天風呂, サウナがありました. 予約すると貸し切り温泉にも入浴できます. プールと温泉の組み合わせはとてもありがたかったです. 大浴場の広さが違うため, 私たちは, 一日目に「月読」, 二日目に「新月」に入浴しました. 妻は夜中にもこっそり入っていたので, 計四回入浴したようです. 温泉の利用時間は, 午前6時~午後23時(最終入浴22時30分)でした. ただし, シーズンにもよるかもしれないので, 調べていくことをお勧めします. 温泉の写真は撮れなかったので, 行くまでの道を(写真5)

f:id:narut0n:20190812142853j:plain

写真5. 温泉への小道

 

温泉入浴後に, 改めてフロントへ行くと, チェックインの手続き自体は終わっていたため, 並ぶ必要はなく, ルームキーを受け取ってすぐに部屋へ行くことができました. 荷物もすでに部屋へ運んでくれていました. 

 

この時点で16時すぎでした. さすがに遊び疲れたので, 少し休憩をして17時半から1階にあるレストラン「パインテラス」へ行きました. 私たちが予約したプランでは, 夕食と朝食がホテル内のレストランの中から選べるプランだったので, 今回はビュッフェのあるパインテラスにしました. 料理はとてもおいしく, 子どもたちも自分で選んで取ることができるため, とても嬉しそうでした. 

 

夕食が終わって部屋でゆっくりとテレビを見ながらくつろいでいると, 外からどんどんと大きな音がし始めました. 前回の宿泊が二年前だったので, 忘れていたのですが, この時期は花火があがります(写真6, 7). 部屋の窓から花火を見ることができるため, かなり大きく, しかもゆっくりと観賞することができました. 子どもたちも大喜びでした(花火があがるのは20時からです).

f:id:narut0n:20190812145203j:plain

写真6. 部屋からみた花火

f:id:narut0n:20190812145212j:plain

写真7. 部屋からみた花火2


花火が終わって, 子どもたちは就寝しました. 子どもたちが眠った後, 妻と話をしていたのですが, 妻が再度温泉に入りたいといったため, 私が子どもたちを見ている間に行ってくると良いと伝えました. 妻が温泉に行っている間に, 私も眠ってしまいました.

 

前日に早く寝たためか, 次の日は, 全員朝早くから起きました. 朝食が6時から食べられるとのことで, 少し準備をしてから朝食へ(結局6時半くらいに行きました). 朝食もおいしく, 楽しくいただきました(写真8, 9). 食事が終わって部屋に戻ろうとすると朝食会場に長蛇の列ができていました!7時を過ぎるととても混雑するらしく,待ち時間は20分の表示がありました. 私たちはラッキーでした.

f:id:narut0n:20190812143154j:plain

写真8. 朝食(メイン)

f:id:narut0n:20190812143141j:plain

写真9. 朝食(デザート)


チェックアウトの日も9時からプールを使用する事ができたため, 食後の休憩を取って, 子どもたちとプールに行きました. 今日も別のお友達と仲良くなってはしゃいでいました. プールの後に温泉に入り, 11時にチェックアウトしました(朝食後に事前清算していたため, ここでも並ばずにルームキーの返却のみで終わりました).

 

以上が, ホテルでの私たちの過ごし方でした. 

結論から言えば, ホテルの中だけで十分に楽しむことができます. 

ホテル内で完結するので, 親には負担が少なく, 子どもたちも満足してくれます. 

 

おわりに

今回は, 宮崎旅行の中でも特に, ホテル内での過ごし方について書いてみました.

私たち家族(私33歳, 妻32歳, 長女8歳, 次女4歳)はとても楽しむことができました.

同じような家族構成であれば, 十分に楽しむことができると思います.

休日にどこか出かける場所を検討している方は, 一度行ってみてはいかがでしょうか?

 

今回の記事もどなたかのお役に立てば嬉しいです. 

続いて, 宮崎二日目の青島編も書いていきますので, 良ければそちらもぜひ!

それでは, また次回のブログで!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑ランキングに挑戦中です!閲覧時にワンクリックしていただけると励みになります.