narut0n’s blog

研究職者で, 二児の父. 子どもたちと過ごした日々をメインに, ドラムやバイクのこと, 研究に関することを書いていきます. 子育てをもっとinterestingに!

MENU

勾玉作りに挑戦してきました

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑ランキングに挑戦中です!閲覧時にワンクリックしていただけると励みになります.

 

みなさまどうも, なるとんです.

 

夏休みも残すところあとわずかですね. 宿題は順調ですか?

我が家では, 夫婦そろって夏休みの宿題はコツコツとやるタイプです.

というわけで, 長女にもその方が絶対に楽だと伝えました.

ラジオ体操が終わった後, 毎朝頑張って宿題してましたね.

 

そんな夏休みの宿題ですが, ここ最近は宿題の出し方が面白いですね.

・おなじみ夏の友(友だと思ったことは人生に一度もありません)

・漢字ノート

・計算ドリル

・絵日記(二枚)

・習字や硬筆は自由

・自由研究

・何かしら夏休みに頑張ったことを報告する etc...

 

夏の友や漢字ノート, 計算ドリルなどはコツコツとできますね.

絵日記については, 我が家ではキャンプや旅行の予定があったのでその時のことを.

自由研究は先日お伝えしましたね!

www.narut0n.com

でも, 途中で関心が移ってしまったようで, 河童と山姥(写真1)で筆が止まりました...

f:id:narut0n:20190820164604j:plain

写真1. 長女の描いた山姥



本当は一度やると決めたら最後までやって欲しいところですが, 研究では本人の興味関心が一番重要なので, 本人の興味を優先することにしました.

 

という事情があり, 本日のタイトルにある勾玉づくりに変更しました. 

なぜ勾玉?とお思いになると思いますが, 大分にある平和市民公園でのことです.

かなり広い口演で遊具もあるため, 子どもを連れて行きました.

すると, 園内の歴史体験学習館という場所で, 勾玉作り体験を行っていたのです.

長女も次女も体験できるということで, 一緒にさせてもらうことになりました.

 

そんな経緯で, 急遽自由研究は勾玉作りに変更となりました.

本日は, 勾玉をどのようにして作っていったのか, それがどのように研究になるのかを紹介していきます.

 

はじめに 

勾玉そのものについては, みなさんご覧になったことがあると思います. では, そもそも勾玉とは一体何でしょうか?

 

勾玉とは, 日本の古代の装飾具の一種で, 巴(ともえ)の一片に似た形で, 穴をあけ首などからかけていたとされるものです. 縄文時代の遺跡から発見されたものが最古とされ, 古墳時代には権力の象徴とされていました. ☜これだけでも歴史の勉強になりますね!

 

勾玉を身につける意味は, 魔除けや邪気祓い, 災難や悪霊から身を護るものとされています. 日本歴代の天皇が受け継いできた三種の神器としても有名ですね. 「曲玉」として日本の神話に登場するなど神秘的なものでもあります.

 

実は, とてもすごい力を持ったものだったのですね!

本日は, そんな勾玉を自ら(子どもたちが)作っていきます.

 

どうやってつくるの?

施設の方がお手本と原石?(写真2)を持ってきてくれました.

f:id:narut0n:20190820164739j:plain

写真2. 上がお手本です


長女は, この角ばった石が, お手本くらいきれいになるのかと疑心暗鬼に...

どうやって作っていくのか説明を聞くと...

 

ひたすら削る!

 

とのことでした. いろんな種類のやすりを渡されました...(写真3)

f:id:narut0n:20190820164812j:plain

写真3. たくさんのやすり


ここから先は, ひたすら削ります!(写真4-6)

f:id:narut0n:20190820164847j:plain

写真4. 削る

f:id:narut0n:20190820164914j:plain

写真5. 削る!

f:id:narut0n:20190820164933j:plain

写真6. ひたすら削る!


小一時間くらいかかってようやく削れました...(写真7)

f:id:narut0n:20190820164955j:plain

写真7. 削れました

削ったのはいいのですが, あまりつるつるでもピカピカでもない...

どうするのか聞くと...

 

ひたすら磨く!

 

とのことでした.磨けば磨くほどつるつるになるそうです.

ということで, 今度は磨いていきます...(写真8, 9)

f:id:narut0n:20190820165012j:plain

写真8. 磨く

f:id:narut0n:20190820165041j:plain

写真9. ひたすら磨く!


そして, ついに...

f:id:narut0n:20190820165405j:image

完成です!

お手本ほどきれいな形にはなりませんでしたが, 長女は嬉しそうでした.

 

ちなみに次女は早々に飽きて, 施設の方と遊んでいました...かわりに妻が奮闘しました. 

 

作ってみて, 長女や施設の方と話をしていたのですが, 現代はいろんな種類の道具があって勾玉も簡単に作れるようになっているけど, 縄文時代は一体どれくらいの時間をかけて削って, あの勾玉の形に, しかもあんなきれいな形にしたのだろうと思いました. 

 

太古の人々が作り上げた勾玉という装飾品が, 現代では子どもたちの歴史を体験する機会となっていることに何だかロマンを感じました. ☜おそらく私だけ.

って思ったのに, アマゾンで普通に売られていました...

勾玉作り ピンク 黒(マーブル) セット(穴あき済み)〔ヤスリ付き〕

新品価格
¥950から
(2019/8/20 17:02時点)

 

勾玉作りは, 制作工程を学ぶとともに, その歴史を考える機会となりました. 先述した通り, 最古のものは縄文時代の遺跡から発見されたものです. 勾玉作りに併せて, その時代の背景を調べてみることにもつながりました.

 

まとめ

本日は, 勾玉作りとそれがどのように研究になるのかについて書きました.

まとめますと...

・勾玉自体の制作工程が学べる.

・勾玉作りを通して, その歴史的な背景が学べる. 

以上のようになるかと思います. 

 

何にしても, 楽しんで研究に取り組んでもらうことはできたのかなと考えます.

 

おわりに

もうすぐ夏休みも終わりですね. みなさんもさまざまな自由研究に取り組んだのだろうと思います. いい思い出はできたでしょうか?昨年子どもたちと離れて過ごしていた分, 今年はたくさんの思い出が作れたと思います.

www.narut0n.com

とはいえ, まだもう少し夏休みは続きますので, 残りのお休みもたくさん思い出を作っていけたらいいなと思います. 

 

最後までお付き合いくださり, ありがとうございました.

それでは, また次回のブログで!

  

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑ランキングに挑戦中です!閲覧時にワンクリックしていただけると励みになります.