narut0n’s blog

研究職者で, 二児の父. 子どもたちと過ごした日々をメインに, ドラムやバイクのこと, 研究に関することを書いていきます. 子育てをもっとinterestingに!

MENU

自由研究をはじめよう

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑ランキングに挑戦中です!閲覧時にワンクリックしていただけると励みになります.

 

みなさまどうも, なるとんです.

もう八月に入り, 夏休みも中盤ですね. 夏休みはいかがお過ごしですか?

夏休みと言えば『自由研究』ですよね!☚そんなことありません?

 

毎年課されるこの自由研究ですが,児童の個性から生じる探求活動について, 「何かの時間をおいて、児童の活動をのばし、学習を深く進める」ことを目的に, 昭和22年の学習指導要領に示されたものだそうです.

 

子どもたちが自由に興味ある様々なことを研究するということが, 自由研究ということですね. ただ, 研究って何?というところからスタートすることが大半だと思います.

 

そこで, 本日は我が家での自由研究の進め方をお伝えできればと思います!

 

私の場合は, 研究が本職なのですが, それをいかした上で, 子どもがスムーズに研究できるようにサポートしていきます. ですので, 職業が研究者だから何だか難しいことを言うんじゃないの?と思わず, 見てくださると嬉しいです.

 

前置きが長くなりましたが, 本日の内容は…

・自由研究のテーマを決めよう

・研究の方法

・研究のまとめ方

以上の3点を主に伝えていこうと思います.

 

自由研究のテーマを決めよう

ここが決まらないとはじまりませんね!

では, どうやって決めていくか...

Google先生に聞いて必死にテーマを考えているそこのあなた!

そう, あなたですよ!☚言ってみたかっただけです.

 

冗談はさておき, テーマはその辺に転がっていること, 何でも良いのです.

研究の最大の楽しさは, 自分の興味関心があることを調べていくことです.

ですので, 子どもが興味さえもっていれば, なんでもいいのです.

 

自分の興味関心のあることについて, とことん調べ, 自分の思考を深めていくことが, 研究の最大の面白さです.

 

うちの長女が研究テーマを決めたときの会話は…

 

私 「今年も自由研究があるね.」

長女「うん!あるよ.」

私 「最近は, 何に興味があるの?」

長女「うーん, 怪談話かな…」

私 「怖いお話が好きなの?」

長女「うん!怖いお話が好き!」

私 「じゃあ, それで何か調べてみる?」

長女「そうする!」

 

とこんな感じです. かなりあっさり決まりました.

本当に子どもが興味を持っていることをテーマにしただけですね.

 

テーマが決まったので, 次は方法です.

 

研究の方法

本職が使う研究手法を少し紹介すると…

・実験研究 いわゆる実験

・調査研究 アンケート調査など

・文献研究 興味のある分野の文献を読む

などがあります. 詳しく書こうと思えばどこまでも書けますが, それはまた後日に.

 

研究の方法は, テーマと調べたい内容によって変わっていきます.

例えば...

 

・怖い話を聞いた人とそうでない人の反応について調べたい→実験研究

・怖い話を聞く前と聞いた後での人の気持ちを調べたい→調査研究

・そもそもどんな怖い話があって, どんなお化けがいるのか調べたい→文献研究

かなり簡単ですが, 方法の決め方は調べたい内容によるということが大事なポイントです!

 

我が家では, 長女がいろんなお化けや妖怪について調べたいといったため, 文献研究を採用しました.

 

方法が決まりましたので, 文献を探すために県立図書館へ行ってきました.

さっそく蔵書内から検索をかけていきます.

 

蔵書検索をするときのポイントですが, ちょっとしたキーワードの違いで検索できる書籍が変わってきます.

例えば, 今回のテーマである怖い話についても, キーワードにすると「怖い話」「怪談」「ホラー」となります. 実際に検索すると...

怖い話→約80件

怪談→ 約1000件(なぜか世界の階段?みたいな書籍も混ざってました)

ホラー→4000件

重複しているものもありましたが, 検索結果にこれだけの差があるのです.

文献の検索をするときには, キーワードの注意しましょう!

 

検索できた文献から, 小学2年生のレベルに合わせたもの, お化けや妖怪, 怪談を紹介するような文献7件を今回の研究対象としました.

 

現在, 長女が借りてきた文献を読んでいるところです.

 

研究のまとめ方

現在文献を読み進めているところですが, どのようにまとめていくかも重要です.

怖いお話に詳しいお友達もいれば, そうでないお友達もいるわけです.

では, 学校でそのようなお友達にどのように伝えれば, わかりやすく伝わるのか...

 

本職の場合は, ある程度決まったスタイルがあります.

・はじめに→研究にいたった背景や今回の研究の目的をかきます.

・方法→研究の方法をかきます(行った事実のみをかきます).

・結果→結果をかきます(事実のみ).

・考察→結果を受けて, 先行研究などを引用しながら自分の考えを述べます.

・まとめ→全体をまとめます.

 

小学生の研究でも, この流れでまとめれば, ある程度わかりやすくなるのではと思っています. ただ, 文章のみでまとめてしまうとやはりわかりづらいし, 飽きてしまいます. 図や表を盛り込んだり, 文字にもアクセントをつけるなどして, 飽きさせない工夫が必要となるでしょう.

 

長女の自由研究も, まだまとめの段階には入っていませんので, できあがったらまたブログで紹介していきたいと思います.

 

まとめ

本日は, 自由研究について書いてみました. テーマの決め方や方法, まとめ方が少しでも参考になれば幸いです. いずれにしても, 子どもが楽しんで研究に取り組んでいけることが大切です. 親が自由研究に一生懸命になってしまっては, 本末転倒です. どんな出来でもいいのです. 子どもが自由に思考を巡らせ, それを深めていけることが大事です.

 

以上をふまえたうえで, 本日の内容をまとめると...

・テーマは子どもが興味を持つことなら, その辺に転がっているもの何でもよい

・方法は調べたい内容を明確にしてから

・まとめは興味のない人にもわかりやすく伝わるようにまとめる

ということが自由研究のポイントになりそうです.

 

さいごに, 途中段階ですが, 長女が研究をまとめるために書いている妖怪の紹介文も載せておきます(長女の許可を取りました).書いてる間, とても楽しそうでした. そんな長女を見て, 私もまた研究活動に頑張ろうと思えました.


f:id:narut0n:20190804220451j:image

長女が書いた河童の紹介文


書評に続き, 久しぶりに研究者らしい記事をかけたでしょうか?

少しでも皆様の参考になれば幸いです.

それでは, また次回のブログで!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑ランキングに挑戦中です!閲覧時にワンクリックしていただけると励みになります.