narut0n’s blog

研究職者で, 二児の父. 子どもたちと過ごした日々をメインに, ドラムやバイクのこと, 研究に関することを書いていきます. 子育てをもっとinterestingに!

MENU

書評を書いてみました.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

みなさま, どうも.

なるとんです.

 

大分はやっと梅雨明け宣言がありました.

ですが...雨が散々降った後の日差しのおかげでサウナのような暑さです.

 

特に, 私の職場は山の上にあるのですが, ふもとと職場で天候や気温も違うような気がします...熱中症にならないようにみなさまもお気を付けください.

 

さて, 早速本日のテーマに入っていきますが, 研究職についていますと, 所属している学会から新しい書籍の書評(ざっくりいうと読んでみた書籍の紹介です)を依頼されることがあります.

 

今までに, 二度ほど依頼されたことがありますが, こんな文章でよいのだろうかと好き勝手書かせていただきました. 特に校正などなく掲載してくださっていたので, おそらくは大丈夫なのかなと思っています.

 

本日の書評ですが, こちらは依頼されたわけではなく, 私が知人からいただいた書籍について, とても感動しましたので紹介したいと思い, 書評としてブログに書いてみました. もちろん知人と著者の許可は頂いております.

 

それでは早速, 書評に移りたいと思います.

 

生まれ変わっても、また同じ家族でいようね!

新品価格
¥1,944から
(2019/7/26 12:02時点)

生まれ変わっても, また同じ家族でいようね!

こちらがこの書籍のタイトルになります.

タイトルの意味については, 後ほど触れていきますね.

 

この本は, 筋ジストロフィーを患った方とそれを支えた家族の物語です.

著者は, 筋ジストロフィーを患った方の妹だということです.

 

兄が筋ジストロフィーと診断されるまでのことや, 診断されてからの闘病生活と家族の葛藤などが詳細に書かれていました. 

 

心に残った場面は, 冒頭で著者である妹が, 兄を思い, 20歳になったら病気が治ると嘘をついてしまった場面と, 筋ジストロフィーの兄が旅立っていった場面です.

 

妹が嘘をついた場面ですが, 「いつになったら病気が治るのか」と聞く兄に, 「20歳になったら治るって先生が言っていた」と兄を不安にさせないように嘘をついてしまう場面です. 少しでも安心させたいという気持ちからついた嘘に, 今でも罪悪感を感じているということもつづられていました. 

結果として, 20歳になっても病気が治ることはなく, 兄も次第に「いつ治るのか」と聞いてこなくなったそうです.  

 

私が同じ立場だったとしても, 同じように伝えただろうなと思いながら読んでいました. しかも妹が兄に嘘をついたのはまだ未成年の時です. 兄を安心させたいという気持ちと, 嘘をついているといううしろめたさとの葛藤がどんなに苦しかったか, 想像するだけで涙が出てきます. 

 

もう一つの兄が旅立っていく場面ですが, 長い闘病生活に終わりが訪れます. それは兄が30歳になった日のことだそうです. 数日前より症状の悪化が見えていましたが, 誕生日に急変し, 家族に見送られながら旅立っていきました. その時のことについて, とても詳細に書かれており, その場にいるような気持ちで読ませていただきました.

 

30歳の誕生日に旅立ったということでしたが, 30歳まで生きるということが, 母との約束だったそうです. お兄さんは見事に約束を守ったのですね. そこにもぐっとくるものがありました.

 

以上が私の心に最も残った場面です. 

この本のタイトルである「生まれ変わっても, また同じ家族でいようね!」ですが, 著者である妹は, 兄が旅立つ前日と, 旅立った後に兄の夢を見たそうです. そこで兄が口にした言葉が「生まれ変わっても, また同じ家族でいようね!」という言葉だったそうです.

 

おわりに

プライベートではありますが, 久しぶりに書評を書いてみました. 当事者の書く物語は, やはり重みがあり, 読んでいて切なくなる気持ちとともに, 医療者(私は医療系の研究職なので)として自分にできることについて, 改めて考えさせてくれます. 

 

今回, 書籍を紹介してくださったことに感謝いたします.

Amazonでも販売しているようなので, 掲載しておきますね.

興味のある方は, ぜひ読んでみてください.

それでは, また次回のブログで!

生まれ変わっても、また同じ家族でいようね!

新品価格
¥1,944から
(2019/7/26 12:02時点)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村