narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

運動会における日頃の筋力トレーニングの効果について

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 みなさまどうも, なるとんです. 

 

 先ほど掲載した記事にも書きました通り, 本日が長女にとっては最後の, 次女にとっては3度目の運動会でした. 運動会に向けた準備につきましては, 先述の記事をご参照ください. 

www.narut0n.com

 

 本日の記事では, 運動会当日にどのような動きが必要であったかをご紹介していきたいと思います. 

 

長女(年長児)は出番が多い!

 運動会当日ですが, 年長児はとにかく出番が多いです. つまり, 保護者がカメラをもって走り回る場面が多くなります. 

 

 愛する我が子を映像にとらえようと考えた場合,

 

 ①我が子の出場する競技の前にカメラポジションを確保する. 

 ②我が子の入場口と退場口を把握する(特にかけっこ).

 ③我が子の姿を捕捉する(これが意外に難しい). 

 

 大雑把に言いますと, 上記のような動きが必要です. そして, これを多くの保護者が行うわけですので, カメラポジションの奪い合いになるのです. ポールポジションを獲得するためには, 誰よりも素早く動く必要があります. ただし, ポジションを獲得し, 気持ちとスペースに余裕がある場合は, 背の低いお母さんや高齢者の方々に場所を譲ることを心がけましょう. 

 

親子競技が意外に多い!

 こども園の運動会では, 保護者が参加する協議が多いです.

 

 ・ダンスなどの表現

 ・地区対抗玉入れやリレー

 ・子どもとの二人三脚

 ・騎馬戦

 

 などなどです. 悲しいことに, こども園であろうと, 小学校であろうと, 運動会でのヒーローは, 運動のできる人なのです. 私は筋力トレーニングを開始したモチベーションの一つに, 娘から嫌われないこと, もしくは娘に嫌われたとしても, 娘の友人から「〇〇ちゃんのお父さんってかっこいいよね!」と言われて周りから固めていくことを目標としています. 

 

 つまり, 運動会で頑張ることは, 以上の目的を果たすためには必須なのです. 運動会の時だけ張り切って, コーナーで転んでしまうような父親になってはいけないのです(そういうお父さんがいられましたら申し訳ありません). 

 

 私のブログを読んでくれている方はご存知と思いますが, 私は日々筋力トレーニングを行っております. 

www.narut0n.com

www.narut0n.com

 

 今回の運動会では, 以上のような日ごろの筋力トレーニングが効果を発揮しましたので, 併せてご報告いたします. 

 

騎馬戦にて

 その場面とは, まさに騎馬戦でした. 長女の出場プログラムに騎馬戦があります. こども園の騎馬戦は, 小学校のように数人で騎馬を組むようなものではありません. 保護者が子どもを肩車したものが騎馬とされます. 紅白に分かれて, 相手の帽子(ハチマキ)をとるところは, 小学校と一緒です. 

 

 開戦前より, 長女から「絶対に取られたくない!そして, 帽子がとりたいから, お父さん頑張ってよ!」と言われていました. 「ヒーローとは, 常にピンチをぶち壊していくもの.」(allmight et al. 2016?). ここで長女の期待に応えることが, 今後に響くのです. 

 

 騎馬戦は2開戦行われるとのことでしたので, 1戦目は様子見と帽子を取られないことに集中することにしました. 普段は安全のため, 娘を肩車することはあっても, 走り回ることはありません. しかし, 本日は走らなければなりません. なぜなら, 騎馬戦は機動力が命だからです. 

 

 いよいよ運命の1戦目, 娘を肩車し, 号砲とともに戦場に飛び出します. 何ということでしょう. 思った以上に体が軽い!これならイケる!予定通り, 1戦目は帽子を取られることなく, 終了しました(図1).

 

図1. お父さん, まさかのとらんざむ

 

f:id:narut0n:20171008225121j:plain

 

 そして, 2戦目「今度は取りに行くよ!」と娘に伝え, 号砲とともに飛び出します. 1戦目同様, 他のお父さんたちを圧倒する機動力を見せつけ(たつもり), 相手チームの背後に回り込んでいきました.

 

 その結果...

 結局帽子は, 一つしか取れませんでした... 背後から取るのって意外に難しいのですね. 

 

 それでも, 長女から「お父さん, ありがとう!おかげで帽子がとれたよ!」と言ってもらえたことは生涯忘れることはないと思います. その笑顔を胸に, お父さんは明日からも筋トレに励むのです. 

 

まとめ

 なんだかまとまりのない記事になってしまいましたが, むりやりまとめますと...

 こども園とはいえ, 運動会はハードで体力がいるので, 日ごろから身体を鍛えておきましょう!

 というところでしょうか. 子育て中のお父さま方, お互いに頑張りましょう.  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村