narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

単身赴任のすすめ その1

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

みなさまどうも, なるとんです.

先日お伝えしましたように, 現在私は単身赴任中です.

www.narut0n.com

 

そして, この生活が始まって, すでに3か月が過ぎようとしています.

 

タイムスケジュールの変化

家族と過ごしていた時の私の一日のタイムスケジュールですが...

5:30      次女にたたき起こされる

6:00      子どもたちの朝食

6:30-7:00   子どもたちの薬や着替え, 保育園の準備

7:00-7:30   自分の出勤準備

7:30-8:00   出勤

8:00-18:00   仕事

18:00-19:00 帰宅

19:00-20:00 子どもと夕食, 入浴など

20:00-21:00 子どもたちの寝かしつけ

21:00-0:00   残務を片付けに大学に戻る(寝落ちしなければ)

0:00-1:00     二度目の帰宅

1:00-2:00     就寝

 

ザックリと以上のような毎日でした. 

 

そして現在はというと...

5:30      娘がいないのに目が覚める

6:00      1人で朝食を食べる

6:30-7:00   暇すぎて走りに出る

7:00-7:30   シャワーを浴びて出勤の準備をする

7:30      無駄に早く出勤する   

7:30-18:00   定時の仕事が終了する

18:00-20:00 残務を片付ける

20:00-21:00 論文を読む

21:00-22:00 大学のジムで筋力トレーニング

22:00-23:00 自宅に戻って入浴

23:00-0:00   布団に入るも眠れず, ユーチューブをみて時間をつぶす

0:00-    気づいたら寝ていて朝を迎える

 

といった感じです. 

普段の習慣は恐ろしく, 現時点でも朝早く起きてしまうことに変わりがありません. 

空いた時間を仕事や筋トレに充てることで, 自身の健康増進に努めている感じです. 

 

悠々自適な生活のなかでの心配事

ただ, 心配なのは二人で行っていた子育てを現在は妻に任せきりにしてしまっているところです. 二人でも大変だったのに, 今は妻が一人で頑張っています. 

 

そう考えると, 1人暮らしは勿論寂しいのですが, 寂しがってばかりいるのではなく, 仕事を頑張って, 日頃は節制し, 妻や子ども達にあった時にたくさん遊んで気分転換をしてもらえるようにしたいですね!

 

ちなみに節制しすぎたのか, 4月と5月の私の電気代とガス代は, 2か月共に併せても3千円を超えないという状況に...

 

ほとんど家にいない, 家ではほとんど電気をつけない, 浴槽に湯をはらないなどのおかげでしょうか(笑)

 

これからも, 妻と子どもたちと会える日を楽しみに日々を頑張っていきたいと思います.

 

おまけという名の本題

久しぶりにおまけという名の本題です.

先日, 久しぶりに妻と子どもたちが大分に帰ってきました. 

 

久しぶりに会えたことは勿論嬉しかったのですが, 娘たちが思いのほか成長していたことに驚きました. 長女はおしゃまなお姉さんに, 次女は反抗期バリバリでした. 

 

私が何か言うたびに, 「いやだ!」「なんで!」というのです. 

以下は, その時のやりとりです(図1, 2). 

 

公園にて...

私 「そろそろご飯の時間だから, 手を洗って移動するよ」

長女「はーい」

次女「いやぁだ!もっとあそぶ!」

私 「でもご飯食べないと元気が出ないよ」

次女「なんで!いやだ!」

私 「ご飯を食べないと力が出ないから, 食べてからまたあそぼう」

次女「いやだ!」

私 「あ!そんなお父さんのいうことが聞けない子はチャーシューにする!」

次女「!?」

次女「だめ!」

私 「じゃあ, 言うこと聞く?」

次女「いやだ!」

私 「チャーシュー決定やな!」

次女「いやだ!ごめんなさい!」

私 「ごめんなさいですんだら警察はいらんのよ!」

次女「じゃあ, すいません!」

私 「!?」

 

図1. 誠意のない「ごめんなさい」

f:id:narut0n:20180626210619j:plain

図2. 誠意のない「すいません」

 

f:id:narut0n:20180626210649j:plain

ごめんなさいでだめならすいませんとは...

あやまればいいという問題ではないのですがね...

以前からこのやりとりはありましたが, 改めて聞くと感心しますね!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村