narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

生活環境の変化について

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

みなさまどうも.

随分とご無沙汰しております, なるとんです.

 

最後に記事を書いたのが1月10日なので, すでに4か月もの時が経ってしまっているのですね...

この期間も「待ってるからブログ再開して」と声をかけてくださったみなさま, 本当にありがとうございます. 例え少人数であったとしても, そのような声をかけてくださったことが, とても嬉しかったです.

 

 

さて, ブログが滞ってしまった言い訳を始めます. 実は, 今年に入ってから私の生活環境は大きく変化してしまいました. なんと現在, 30代にして初めての独身生活を送っています!

 

安心してください. 離婚ではありませんよ! 

今年に入って早々, 妻のお義母さんにガンが見つかりました...

 

お義母さんは, 毎年職場の健診はきちんと受けていました. しかしながら, 健診で発見されることはなく, 年末年始に一緒にお酒を飲んでいる時に, お義母さんから「首筋のところになんかできものができてるんだよね.」と言われ, 嫌な予感がしたため受診を勧めたところ, まずそれが腫瘍でした. 

 

その後, 原発巣なのか転移したものなのかをPET-CTなどで詳細に調べたところ, 原発巣は肺にあり, 首筋の腫瘍は転移したものであることが分かりました. 検査に付き添っていた妻が, 結果を聞いて泣き崩れていたことを後に聞きました. 

 

いろいろと考え, 残された時間をお義母さんと過ごせるよう, 妻と子ども達を妻の実家に帰し, 私は単身赴任することにしました. 住んでいたマンションも手放し, 私は職場の宿舎に住んでいます.

 

慣れないマンションの売却や, 2箇所への引っ越し, 初めての一人暮らしへの適応. 何よりも, 仕事から帰っても誰もいない部屋に, 聞こえてくるはずの妻や子どもたちからの「おかえり」の声がないことに慣れるまでに思った以上に時間がかかってしまいました...

 

そして, やっといろんなことが上手くまわり始め, こうしてブログを書くことができる状態にまでなりました. とはいえ, 妻や子どもたちを実家に帰したことに後悔はありません. 頑張れば会えない距離でもありませんし, 数年後にはまた一緒に暮らす予定にしているからです. 

 

 

自分の寂しい気持ちは隠しませんが, お義母さんのことについて, 妻が後悔することの方が, 私にとっては嫌だったのです. 私自身もお義母さんにはかなりお世話になりました. 結婚のお願いをお義父さんにする時に後押ししてくれたこと, 何かやらかしても笑って流してくれたこと, 遊びに行くたびに「のもうやぁ」と一緒にビールを飲んでくれたことなど, 書きつくせないほどお世話になりました. 

 

ところで, ここまで書き進めてブログの記事を読み返してみたのですが, 何だか暗い雰囲気になってしまいましたね. いつもの私のブログの記事と少し雰囲気が違うような気がします. 

 

本日のブログを暗い雰囲気で終わらせるつもりはありません. なぜなら, 妻や子どもたちを実家に帰した理由がもう一つあるからです. 私は相手がガンであろうとあきらめたくはないのです.

 

どういうことかと言いますと, お義母さんの笑顔を増やし, 免疫力を高めてもらい, ガンに打ち勝ってもらおうと考えているからです. 

 

みなさんはピンクのチュチュプロジェクトをきいたことがありますでしょうか?以前テレビ番組でも紹介されたものなのですが, ある写真家の男性が, 乳ガンの妻を笑顔にするために, ピンクのチュチュを着て, いたるところで写真を撮り, それを妻に見せて笑わせたのだそうです. 結果, 信じられないことに妻のガン細胞が小さくなっていったとのことです. 

 ちなみにプロジェクトのWEBサイトはこちら⇩

thetutuproject.com

 

ガンに対する"笑顔"の効果は, 確かにあると言われています. 機序については, もう少し自分でも詳しく調べてからお伝えいたします. 

 

そのため, 妻や子どもたちと一緒に暮らすことで, あえて普段の日常をにぎやかにし, 余計なことを考える時間を減らし, 笑顔を増やすようにしようという目論見なのです. 実際は, 長女が小学生になったばかりで, 次女は訳の分からない3歳なので, 迷惑をかけている比重の方が大きいかもしれませんが...

 

看護師であり, 自身の母(私の祖母)を看取った経験のある私の母も「孫に会えないのは寂しいし, あんたも寂しいやろうけど, きっといい決断だったと思うよ.」と言ってくれました. 

 

何が正解かは分かりません. でも, 少しでも笑顔で過ごせる時間が増え, ガン細胞も小さくなってくれればいいなと私は思います. 研究者でありながら, こんな時に明確なエビデンスも出せず, 何もできない自分を無力に感じますが, "笑顔"の力を信じ, お義母さんが元気になることを願い, 私も自分の仕事を頑張ろうと思います. 

 

今回の件で, マンションの売却や引っ越しなどいろいろと勉強になることも多かったので, 少しずつブログに書いていこうと思っています. 誰かの参考になれば幸いです. 

 

ブログ更新の頻度は落ちるかもしれませんが, 地道に続けていきたいと思いますので, これからもどうぞよろしくお願いいたします.

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村