narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

研究者の世界

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 みなさまどうも, なるとんです.

 

 気づいたらかなりの日数ブログを更新していませんでした. 実は, この時期は研究者にとっては, 「科研費」の応募時期で, 私も応募書類を作成することにかなりの時間を要してしまいました. 

 いきなり, ブログを更新できなかった言い訳から始まるこの記事ですが, せっかくなので「科研費」とは何かについて, 少しお話したいと思います. 

 

科研費とは

 日本学術振興会(通称:学振)という, 機関が応募する競争的研究資金のことです. 学振のwebサイトによりますと...

 

 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピアレビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

  

 以上のような説明があります. つまり, 社会にとって有意義な研究を行おうとしている研究者に対して, 研究資金を提供してくれるということなのですね. 

 

なぜ研究資金をとるのか?

 研究費をとることが, 研究者にとってはとても重要なこととなります. なぜなら, 研究資金が潤沢にあるのとないのでは, 自分の研究のできる幅が変わってくるからです. 

 

 例えば, 「子どものいじめに関する大分県内の小・中・高校の教員の意識について郵送法による調査をしたい」と考えていたとします. 大分県のwebサイトによると, 県内の教職員数は, 小学校が約4500名, 中学校が約2700名, 高校が約2700名で合計9900名となります. 

 

 もしも, 全員に郵送法による調査を行いたいと考えた場合, それぞれの対象者宛てに, 調査依頼文書・無記名自記式質問紙・返送用封筒を角2サイズの封筒を準備しなければなりません。そして当然ながら, 郵送費もかかります. 

 

 簡単に計算していくと...

 

 まず, 印刷物が, 

 (依頼文書1枚+質問紙8枚)×9900=89,100枚

 現在ASKULで, A4用紙をまとめ買いすると, 1000枚入りで1500円ですので, これが90箱必要になりますので, 1500×90=135,000円 となります. 

 

 次に, 郵送費です. 

 送るときは, 角2封筒の郵送費が50g以下で, 120円×9900名=1,188,000となります. 

 返送用封筒の郵送費が25g以上50g以下で1, 92円×9900名=910,800です. 

 

 印刷費と郵送費の合計は, 2,233,800!!!

 実際にはこの後の, データ入力代行料金や文房具代などもろもろの消耗品費もかかりますので, かなりの金額になるのです. 

 

 もしも, 研究費がとれなかった場合は, 対象者の人数を絞るなどの工夫を凝らして, なんとか自身の研究費の身で調査ができるように工夫しなければなりません. 大学から支給される研究費は20万程度です...

 

 つまり, 自分のしたい研究, 明らかにしたいことを実践するためには, 研究費の獲得が重要だと言えるのです. 

 

終わりに

 今回は, 科研費について書いてみました. 実は, 私も過去に取得したことがあり, その結果を現在論文にまとめているところです. この研究費のおかげで, 自分の明らかにしたいことが実践できたことは, 本当にうれしかったです. 

 

 この結果が社会で役に立つことを祈って, 頑張って論文にします. 今回は, 科研費について書いてみましたが, 研究者の仕事について少し興味を持っていただければ幸いです. 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村