narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

幼児期によくある子どもの言い間違いについて

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 みなさまどうも, なるとんです.

 

 我が家では, メディア漬けになることを予防するために, テレビを見たいときは申告制としています. テレビを見たいときには, きちんと許可を取るようにしているわけです.

 

 そうすると, 以下のようなやり取りが行われるようになります.

 長女「お父さん, テレビ見ていい?」

 私 「お!何を見るのかな?」

 長女「えっとね, プリ〇ュア.」

 私 「プリ〇ュアをみるんだ. 分かった. 30分だけだよ.」

 長女「分かった. 」

 私 「テレビが終わったら, アイスを買いに行こう. 」

 長女「わーい, やったぁ!」

 

 長女だとこうなのですが, 次女だと...

 次女「ねぇねぇ, おとうたん. 」

 私 「ん?どうしたの?」

 次女「てべりつけて. 」

 私 「てべりって何?」

 次女「てーべーりー(テレビを指さしながら)」

 私 「てーれーびーでしょ?」

 次女「てーべーりー」

 私 「てーれーびー」

 次女「てーべーりー」

 私 「テレビ!」

 次女「てべり!」

 私 「玉ねぎ!」

 次女「たまげに!」

 私 「テレビ!」

 次女「てべり!」

  以下, endless...

 

 この言い間違えは, たまらなく愛おしいですね. 発達過程においても, 次女(2歳9か月)の時期はまだまだ名詞と動詞を組み合わせて3から4語で文章を構成して話すようになるころであり, これからもどんどんとたくさんの言葉を覚えていくのです.

 

 思えば長女もこのころは, 次女とまったく同じようなことを言っていましたね. 今ではちょっと遅く帰ると「お父さん!私たちより早く帰ってくるんじゃなかったの?」とお父さんを叱責できるほどに言葉が達者になりました. 嬉しくもあり, 寂しくもある子どもの成長です. 

 

 みなさんのところでは, どんな言い間違いがあるのかと興味を持ち, google先生に質問してみたところ, 「言い間違いランキング」というものを見つけました. 

 トップ3は...

 1位 【トウモロコシ】とうろもこし, とうころもし, とうもころし

 2位 【エレベーター】えべれーたー

 3位 【幸せ】しわわせ

 だそうです. 「とうもころし」は確かに, 長女も次女も言ってましたね. 様々ないい間違いがあり, とてもほのぼのとした気持ちになりました. 

 

 この言い間違いですが, 日本言語聴覚士協会によると, 咎めたり, 修正する必要はないそうです. そうすることはむしろ, 話すことを苦手にしてしまうそうです. 「子どもの発音とことばのハンドブック」(芽ばえ社)には, 「子どもの年齢によって音の聞き分けや発音が難しい場合があることを理解してほしい」と言うことが記述されています. 

子どもの発音とことばのハンドブック (単行本・ムック) / 山崎祥子/著

価格:1,512円
(2017/9/6 07:50時点)
感想(0件)

  見守ることが大切なのですね. 実際に私も子どもの言い間違いは, 成長の中であたりまえの過程だと思います. 先ほどの次女とのやり取りも, 修正というより楽しんで会話していると考えてくれれば幸いです. 

 

 また, 私たち夫婦の愛読書に松本ぷりっつさんの「うちの3姉妹」という漫画があります. この中でも, 子どもの言い間違いについて触れており, 子どもが「ちからもち」を「ちかもんき?」といい, 夫婦が何のことを知っているのだろうと探っているシーンなどがあります. とてもほのぼのとした気持ちになれます.

 もともと松本ぷりっつさんのブログが好きでよく読んでいましたが, いつの間にか単行本化, アニメ化していましたので, 購入して夫婦で楽しく読ませていただきました. 

うちの3姉妹 16巻セット (ぷりっつ文庫) [ 松本ぷりっつ ]

価格:11,522円
(2017/9/6 07:58時点)
感想(0件)

 子どもたちは, きっとこれからもたくさんの言い間違いを聞かせてくれ, 私にたくさんの思い出をくれると思います. 決して長くはないこの時間を, これからも大切にしたいと思います. みなさんもお子さんの面白い言い間違いがありましたら, 教えてくださいね. 

  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村