narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

子ども連れで外食をする場合に重視する点について

  みなさまどうも, なるとんです.

  

  遅めの昼食を1人でとりながら, 今度は家族で来たいなと考えています.

  子どもができて, ゆっくりと食事をする時間は大幅に減ってしまいましたが, 子どもがいないとそれはそれで寂しいものです.

 

  ちなみに, 私は子ども連れで外食をする時に, 重視している点がいくつかあります. 

  主に重視している点は...

 

  ・子どもが怪我をしないような店内構造

  ・子ども連れで入りやすい雰囲気

  ・子ども用の椅子がある

  ・子ども用の取り皿がある

  ・値段が安い(全員で2000円が理想)

  ・子どもが騒いだ時に出やすいか

 

  結構挙げましたが, 以上の点を踏まえた上でお店を検討すると, 入った後が楽なのです.

 

  まずは, せっかくの外食なので, 何よりも楽しむことが大切だと私は考えます. そのため, 子どもが怪我をせずに食べやすい環境であることが重要なのです. 

 

  子連れで入りやすいお店かはなんとなく分かりますよね. 最近はインターネットのおかげで, たくさんの情報があるため, 雰囲気を掴まなくても入りやすいお店を見つけやすくなりました.

 

  上記に併せて, 子ども用の道具があることはとても助かります. まだまだ, 子どもイスやお椀, スプーンやフォークのないお店も多いです. ただし, こちらに関してはある程度自分で準備することも必要かもしれませんね.

 

  そして, 値段はとても大切ですね. ただ, せっかくの外食なので, 安くても美味しいお店がいいですね.

 

  加えて, 他の方に迷惑をかけないことを重視します. 私たち同様に, 他の方にとってのせっかくの外食を台無しにするわけには行きません. 子どもが騒いだ時にすぐ出られるというのは, 少し外であやすためのものですね.

  「子どもは泣くのが仕事だからいいんだよ.」と, 温かい声をかけてくれる人はもちろんたくさんいますが, 私たちがそれに甘えてはいけないと思うのですよ. あくまて私個人の意見です.

 

   以上が, 私の重視している子連れで外食する際の点です. そんなところを探してたらファミレスくらいしかないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが, 意外にあるものです.

 

  本日の昼食で訪れた「おだまき」さんは, 上記の条件を満たしている感じです.写真のように食事にはボリュームがあり, 子ども用のイスやお椀, スプーン, 写真の奥には座敷も見えます.

 

  この日いただいたトンカツ定食は, トンカツとサラダ, うどんとおかわり無料のご飯がついて800円でした. 子どもが小さければ, うどんはシェアできますね. 

f:id:narut0n:20170822154046j:image

 

  今後も, 家族で入りやすいお店を探して行き, 実際に連れて来て, 妻や子どもたちの反応を見たいと思います. 

 

  好き勝手な記事にお付き合いくださり, ありがとうございました.