narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

遅くなった時の晩御飯について

 みなさまどうも, なるとんです.

 

 本日は, 統計解析をかけたデータの結果を, 表にまとめていたのですが, 数か所辻褄の合わない場所があり, 計算しなおしたりしているうちにあっという間に21時を越してしまいました. 妻に連絡するのも忘れていました...

 

 電話をすると,「お疲れさま. ご飯は作ってるよ.」と優しい声がしました. 妻も仕事で疲れているだろうに, 帰宅すると私の大好きな豚汁(みなさんはぶたじると言いますか?とんじると言いますか?わたしはとんじるです)が作られていました.

 

 疲れて帰ってきたときにすでに食事が作られているという幸せです. この豚汁を食べて明日も一日頑張りますよ!

 

 研究者は, 論文や数字, パソコンとにらめっこをしている時間がとても長いです. また, その探求心から「なんでそうなるのか」「どうしてそうするのか」「それは妥当性があるのか」などを追求していくため, 時として社会不適合者と言われることもあります. 

 

 例えば, 娘が彼を連れて結婚のお願いに来た時に...

 「お義父さん!〇〇さんとの結婚を認めてください!必ず幸せにします!」

 

 一般の人の場合

「お前にお義父さんと呼ばれる筋合いはない!」

 

 私

「幸せにするというのは, 具体的にどんな方法で幸せにするのかな?」

「君の言う幸せの定義は何かな?長期目標と短期目標も聞きたい.」

「ちなみに娘を幸せにできたかどうかについては, どうやって評価するの?」

 

 少し極端ではありますが, 以上のように彼氏を質問攻めにする可能性があります. みなさんも, 結婚したい相手の両親が, 大学の教員だった場合などは要注意ですよ.

 

 しかし, 決して人とのコミュニケーションが嫌いなわけでも, 1人でいることが好きなわけでもありません(中にはそういう人もいるかもしれませんが). 多くの人とのコミュニケーションを通して得られる知見もあります. 特に家族との会話は, 明日を頑張る活力にもなるのです. 

 

 妻の作ってくれた豚汁とそれを台無しにするかのような, 私の作った目玉焼き丼が本日の晩御飯です(2週間後の体重が楽しみですね).

f:id:narut0n:20170816224925j:image