narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

悪夢にうなされた娘の不安を軽減させる方法について

 みなさんどうも, なるとんです.

 

 本日は, いつもより早めの午前4時30分に起床いたしました.

 なぜいつもより早い時間に目覚めたかと言いますと, 長女が突然大声で泣き出したためです. 私の家では, 家族4人がベットに川の字になって眠っています(図1). 加えて, 私は長女のすぐ隣で眠っているため, 大きな声で泣かれるともうどうしようもないのです. 

 

 ところで, なぜ泣いているのかを長女に確認しましたところ...

 長女「お父さんがね, 警察に捕まっちゃったぁ~(泣)」

 私 「どうして捕まったの?」

 長女「あのね, よく分からないけど, お母さんのプリンを食べたみたい(泣)」

 

 なぜ, 妻のプリンを食べただけで逮捕されなければならないのだろうか...

 いや, 確かに妻のプリンを食べてしまい, 怒られたことはある...

 しかも, なぜかつかなくてもよい嘘をついてしまったために, 二重に怒られたのです.

 

 妻 「ねえ, 私が買ってたプリンがないんだけど, お父さん食べた?」

 私 「いや, 食べてないよ!(ガクガクブルブル...)」

 次女「お父さん, プリン食べたねぇ.」

 妻 「食べてるやん!食べたって言えばいいのに何で嘘つくんよ!」

 私 「いや, なんでわざわざ嘘をついたのか俺にも分からん...」

 

 先日, 確かに上記のようなやり取りがありました. ちなみにプリンのお詫びは, ハー〇ンダ〇ツでした... 

 

 それはともかく, 長女はかなり大泣きしていたので,

 ・お母さんのプリンを食べたくらいで逮捕されることはないこと.

 ・そんなことで逮捕されていたら, いつも長女のアイスやお菓子を勝手に食べている   次女は無期懲役になってしまうこと.

 ・そもそも私が目の前にいること.

 

 以上を穏やかな口調で説明すると, 「そっか!」と笑顔になり, すぐに眠ってしまいました.

 

 正直なところ, 一瞬「夜驚症(3~7歳の子どもが発症することの多い睡眠障害の一つであり, 寝ている子どもがいきなり泣きさけんだり, パニックを起こしたりする)」を疑いましたが, すぐに落ち着きましたので(夜驚症の場合は, 両親が声をかけても無反応), 恐らく違うかなと思いました.

 

 いずれにしても, プリンが原因の夫婦喧嘩で子どもが悪夢を見ることになろうとは...今度から妻のプリンを食べてしまったら, 正直に謝ろうと堅く誓いました(食べないという保証はできません).

 

図1. 我が家の睡眠配置図

f:id:narut0n:20170817235043j:plain