narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

キャンプ初心者による初めての子連れキャンプとその振り返りについて(第二部)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 キャンプについての続きです. 

 

 二日目は, 朝6時に起床し, 洗面をした後, 朝食のために早速火おこしを始めました. 本日の朝食は, 目玉焼き(写真1)とパンの耳(マルミヤストアでなぜか56円で販売されていました)とおにぎりです. ちなみにフライ返しを忘れたため, 目玉焼きを鉄板からはがすと悲惨なことになりました(写真2). 命名「エマージェンシーエッグ(スクランブルに対抗してみました)」みなさま, フライ返し大事です. 

 

写真1. 鉄板で焼く目玉焼き

f:id:narut0n:20170827161615j:image

写真2. エマージェンシーエッグ

f:id:narut0n:20170827161708j:image

 

 雰囲気がそうさせるのか, 子どもたちもよく食べました. 朝食が終了すると, 名残惜しいですが, いよいよ撤収です. 片づけをして, キャンプ場を後にしました. キャンプで出た炭の残りやごみは全てキャンプ場内で処分してもらえました(ゴミ捨て場があるのです). 本当にお世話になりました. 

 

 さて, キャンプ場はここまでなのですが, これで帰宅は少し物足りません. 実は, このキャンプ場, 正確に言えば稲積鍾乳洞の駐車場から徒歩5分(階段を下りる時間)で川に降りることができます. 道も作られており, 階段もあります. 滑りやすいので, 注意は必要ですが, 遊んでくれと言わんばかりの環境でした(写真3). 結局10時ころにキャンプ場を出てから12時くらいまで川で遊んでいました. 流れも緩やかで遊びやすい川でした. ただ, 深い場所(174cmの私の首まで)もありますので, 目は話さない方がいいかもしれません. そのため, このキャンプ場を利用される場合は, 水着やビーチサンダルの準備も推奨いたします.

 

写真3. キャンプ場のそばの川

f:id:narut0n:20170827140029j:plain

f:id:narut0n:20170827140023j:plain

f:id:narut0n:20170827140016j:plain

 

 たくさん遊んだあとは, 朝食時に握ったおにぎりの余りを昼食で食べ, 帰宅しました. 夏休みを満喫した二日間でした. 今回のことがきっかけで家族そろってキャンプのファンになってしまいました. これからも様々なキャンプ場に行ってみたいと思います. その時は, またこのブログで紹介させていただきます. 

 

 今回のキャンプで, 子連れでキャンプに行くときに必要なものを表1にまとめてみました. 本文中で紹介できなかったものも含んでいます. これからキャンプを考えているご家族への一助となりましたら幸いです. 

 

表1. 子連れキャンプに必要だと考えられる物品一覧

f:id:narut0n:20170827163925j:plain

 

 謝辞

 今回のキャンプにて, 物品の準備やタープの設営, 食事の準備など様々な部分でお世話になりましたお友達一家のみなさまに心から感謝申し上げます. 次回は, もう少し準備していきますね. また行きましょう!