narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

子どものおもちゃを選ぶときの我が家での基準について

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 みなさまどうも, なるとんです.

 

 最近は, 子どもの遊び道具もいろいろとあり, どれを選んでよいか迷いますよね. 遊びは子どもに様々な学習をさせてくれます. 例えば, 遊びを通して集中して物事に関わる力を身につけたり, 全力投球する能力をを備えたりしていくそうです. 子どもにとっての遊びは, 三度の食事と同じくらい成長発達に欠かせないものであると主張する先生もおられます. 

 

 今回は, そんな我が家で遊び道具を買う時に気を付けていることなどを書いていこうと思います. 

 

遊びに目的を持つ

 教育に携わる方はご存知かと思いますが, 教育には学生観・指導観・教材観というものが存在します. これらを用いて指導計画を立てていくのですが, 私は自分の子どもに対しても, 何かを行う時には教育的な目的を持つことにしています. 

 

 それは, 遊びに関しても同じであり, この遊びで何を子どもたちに得てほしいか, どんなことを学んでほしいか考えています. 例えば, 休日であれば, 極力外で遊ぶようにしています. お金をかけずに子どもたちが走り回れる場所を探しては, 遊びに行きます. できるだけ同じ場所ではなく, いろんなところに行きます. 

 

 日光に当てたいことと, 幼少期のあまりあるエネルギーをぶつけられる場所を提供し, 様々な場所に行くことで, こんなところもあるのだと, 広い視野を持ってほしいと思うからです. 

 

 雨天の場合も, 室内でありながらも多くの遊び道具がある場所を探して遊びに行きます. 大分市内であれば, ホルトホールの2F奥にあるこどもルームは無料ですし, 遊び道具も豊富なので, お勧めです(いずれ記事に書きます). 

 

 できるだけ家にこもらず, 何かしらの形で外に出るようにしているわけですね. 実は, この方が家も汚れなくて良かったりします. ちなみに本日は, 雨天だったのですが, 妻の職場の福利厚生で城島高原の入園無料サービスをもらいましたので, そちらの「おもちゃ王国」に遊びに行ってきました(詳細は, 近日中に記事にします). 

 

 以上のように, 我が家では遊びに目的を持つようにしていますので, 遊び道具にも目的を持ちます. そのため, パズルや絵本など集中して読んだり解いたりできるもの, フラフープやボールなど身体を動かして体力を向上させるようなものなど, それぞれに目的を持ちながら必要かどうかを考えて購入します. 

 

 ちなみに, 11月は次女の3歳の誕生日なのですが, その時にはストライダーを購入予定です. このストライダーは, はじめはまたがった状態で, 自分の足でけって前に進んでいくのですが, これを続けていくと, 体幹が鍛えられ, バランス感覚が身につくそうです. つまり, 怪我をしにくくなることと, 自転車への移行が比較的スムースになる可能性があるのです. 

全世界150万台突破!STRIDER :スポーツモデル《レッド》ストライダー正規品(※類似品にご注意ください) ランニングバイク ストライダージャパン公式ショップ 【安心2年保証】【送料無料】【無料ラッピング可能】【ペダル無し自転車】【キックバイク】 427443

価格:14,580円
(2017/10/15 21:44時点)
感想(1545件)

 正確な検証データは目にしていませんが, 私の知人が使用しており, その子どもがすぐに自転車に乗れるようになっていたので, 我が子にも進めてみようと思いました. 

 

 

安全なものを選ぶ

 つぎに, これは当然のことだと思いますが, 安全かどうかです. もちろんそのもの自体の使用によってけがをする可能性がないかどうかということなのですが, 乳幼児期などは, 口にしたり, 誤飲しても大丈夫なものかも重要です. 例えば, ボタン電池などを使用するおもちゃの場合, 誤嚥のリスクが高いうえに, 乳幼児がボタン電池を誤飲すると, 胃や腸で粘膜障害を起こしたり, 最悪の場合では死に至ることもあります. 小さなお子様のいる家庭では, ボタン電池を使用するものはおもちゃ以外でも最低限にした方が良いかもしれませんね. 

 

 もちろん我が家でも, ボタン電池を使うようなおもちゃは購入していません. 最近, 長女がこども園で他のお友達から教わってきたのか, 「ゲームがしたい」というようになってきました. ゲーム自体を否定するつもりはありませんが, 次女がまだ小さいことと, もう少しゲーム以外の遊びを覚えてほしいことからゲーム機などは購入していません. 

 

 ただし, 私のiphoneに入っているマリオ(任天堂)のゲームは時々させてみたりします(マリオは私も大好きです). ゲームという遊びを知っておくことは大切ですし, その遊び方や加減(1回10分など)を身につけておくことも必要だと思うからです. 

 

 少し話がそれてしまいましたが, 身体的・心理的・社会的に安全かどうかを考えて遊び道具を購入することにしています(その都度ものすごく悩みます). しかし, その選定基準はあくまで私の主観ですので, それが正しいのかは正直なところ分かりません. 

 

長く付き合えるものであること

 「あきたから次のおもちゃ」という感覚になってほしくないので, こどもにも一生懸命考えてもらい, 長く付き合えるおもちゃを選びます. 流行りに合わせて買うのではなく, 長く大事に使用すること, 「相棒感」のようなものを持つことができるようなおもちゃを選ぶようにしていますし, こどもにもそういった視点でおもちゃを選んでほしいことを伝えています. 

 

 上記の考え方と同時に, 「壊れたから買い替える」ではなく, 「直して使い続ける」という考え方も伝えていますので, できるだけ修理に対応してくれるようなおもちゃを購入しています. 最近はだいたいのおもちゃが修理に対応してくれていますね. 

 

 そういった意味では, 長く大切に使う「相棒感」をもったおもちゃとしては, 「リカちゃん」はよかったなと思いました. 長女が3歳くらいの時に購入したのですが, 今でも大切に遊んでいますし, 意外に2歳の次女も遊んでいます. また, はやりすたりもなく, 衣装も追加で購入できるため, まだまだ遊んでもらえそうです.

タカラトミー リカちゃん キラかみ リカちゃん

価格:2,721円
(2017/10/15 22:05時点)
感想(1件)

 余談ですが, リカちゃんは1967年に販売開始されたそうですね!私よりも全然年上でした. いつも娘がお世話になっております!

 

まとめ

 なんだか好き勝手に書いてしまったのですが. 我が家で遊び道具を選ぶときの基準をまとめてみますと... 

 

 ・その遊びに目的を持つこと

 ・安全であること

 ・長く付き合えるものであること

 

 以上のようになりました. 他にもありそうな気はしますが, 本日はこのあたりにとどめておきたいと思います. 

 

おまけ

 本日もおまけという名の本題です. 先ほど記述したように, 我が家では遊び道具に一定の基準を設けています. その中で, 雨天時でも室内で体を動かすことができる遊具として, こども用のジャングルジムを購入しています. 

 

 それがこちらのジムです.

◆送料無料◆ WORLD ワールド ワンワンとうーたん♪おりたたみロングスロープジムEX【おりたたみ式|ジャングルジム|野中製作所】※同梱不可【沖縄・離島は送料無料対象外】【あす楽対応_関東】 (6016855)

価格:13,700円
(2017/10/15 22:11時点)
感想(3件)

 購入してすでに4年程が経過しているのですが, 壊れることも大きなけがをすることもなく, 未だに子どもたちのよき遊び道具として我が家に君臨しています. このジムは長女が2歳の時から使用しているのですが, 高さもそこまでないので, これまでジムから落ちても大きなけがはありませんでした. また, 折りたためるため, 狭い我が家の中での配置転換もとても楽でした. 

 

 先日, このジムで遊んでいた次女が「ねぇねぇ, おとうしゃん」と声をかけてきました. どうしたのかと近寄ってみると, ジムに変な体制で座っていました(図1).

 

図1. ジムに不自然に座る次女 

f:id:narut0n:20171015221703j:plain

 

 どうしたのだろうとみていると...

 

図2. 挟まったらしい次女

f:id:narut0n:20171015221726j:plain

 

 挟まったようですね...我が家の次女は若干コロコロしているものですから... ジムから出すと「ありがと!またあそぶ!」と元気よくまた遊んでいました. 本当にこのジムが好きなのでしょう. 

 

 せっかくの休日なのに, 雨のせいで外に出られない場合, このような遊具が家にあると, 少しは子どもたちのストレスも解消できるのかなと考えました. これからも, 子どもたちのおもちゃを購入するときには, 一生懸命考えると思います. 

 

 なんだかとりとめのない記事になってしまいましたが, 最後までお付き合いくださり, ありがとうございました. 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村