narut0n’s blog

研究職の父による、愛する家族のための子育て持論展開ブログ 子育てをもっとInterestingに!

MENU

入浴時における子どもたちとのコミュニケーションについて

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 みなさまどうも, なるとんです.

 

 夫婦で共働きの家庭では, 家事や子育てについて役割分担をとっているご家庭も少なくはないと思います. 我が家でも必ずとまではいかずとも, だいたいの役割分担は決まっており, その中でもお風呂入れは, 私にとって重要な役割となっています.

www.narut0n.com

 

 なぜ重要かと言いますと, 論文や学会発表, 講義の準備などで帰宅が遅くなる私にとって, 子どもたちとコミュニケーションをとることのできる時間となるからです. 時期によっては, 仕事を一時中断して風呂入れのために帰宅し, 子どもが就寝してから仕事に戻ることもあります(私の職場は裁量労働制).

 

 このお風呂での時間で, 子どもたちが保育園で何をしてきたのか, 好きな男の子はいるのかなどを聞き出しています. 実際は, 話している時間よりも遊んでいる時間の方が長いのですけどね. 

 

 特にこの夏は, こども園の年長さんとなった長女のスイミングが始まり(こども園でスイミングスクールを開いてくれています), 顔を水につけてどのくらい息を止めていられたかを計測する「顔つけ」というものが行われているそうです. この「顔つけ」ですが, こども園ではお友達同士でどのくらいできたかを競い合っているようで, お風呂でも練習したいと希望があり, 練習に付き合っていました.

 

 ある日の入浴中, 長女が「お父さんも顔つけどのくらいできるか見せて. 」というため, お手本を見せることにしました. 

 

 私 「まず思いっきり息を吸って, 苦しくなって来たら少しずつはくんだよ. 」

 長女「そうなんだ. どのくらいではき始めるのかみとくね. 」

 次女「おとうしゃん, がんばってー. 」

 

 お湯に顔をつけると, 長女が数を数え始めます. 

 長女「い~ち...に~...さ~ん...」

 とても順調です. 100数えるくらいまではいけるかな.

 

 長女「きゅうじゅうきゅう...ひゃく!」

 このくらいでいいだろうと顔をあげようとすると...

 

 次女「おとうしゃん!まだだよ!がんばって!」(図1)

 図1. 父を襲った悲劇

f:id:narut0n:20170911222548j:plain

 

 なんということでしょう...次女に浮上を妨害されてしまいました. すかさず反撃にでます(図2). 

 

図2. 父の本気

f:id:narut0n:20170911222801j:plain

 

 何もしていない長女も巻き添えにしてしまいました...

 しっかり者の長女とやんちゃな次女とのお風呂での一コマでした.

 次女には「危ないからお友達にやっちゃだめだよ!」と釘を刺しておきました.

 

 子どもがいると, それだけで毎日が楽しく, エキサイティングなものになります. いつまで一緒にお風呂に入ってくれるかは分かりませんが, もう少しこのときを楽しんでいきたいと思います.  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村